のぼりの種類について

のぼりの種類(生地とサイズや形状)

のぼりに使われている生地のほとんどはポリエステルです。薄くて軽く、しなやかさがあるため扱いやすいのです。おまけにインクの裏抜けが良いため、反対側から見ても何が…

のぼりの種類(色と蛍光性など)

店舗や事務所をアピールする方法として、のぼりを活用することが挙げられています。のぼりには、文字のほかに写真やイラストを印刷することができるからです。も…

のぼりの種類(防炎処理などの加工や安全性について)

防炎のぼりは防炎処理された素材で作られたのぼりです。一般の素材に比べて燃えにくく、万が一、燃えた場合でも火が燃え広がらずに自然と消えるようになっていま…

のぼりの制作に関する規制について

店頭に置かれているのぼりは、自由に作って店の前で邪魔にならないように置かれているというわけではありません。のぼりは屋外広告物なので、自治体の屋外広告物に関する規制を守って制作されています。また、町には景観条例が制定されている場合もあります。街の景観に相応しくないのぼりは、その規制の対象になります。このように、のぼりを取り巻く決まり事があるので、のぼりを作る側も見る側も知っておくことが大切です。

屋外広告物とのぼり

屋外広告物は法律でいろんな決まりごとがありますが、さらに各市町村で設けられている条例に注意しなければなりません。景観が損なわれるような色使い、人々が危険にさらされるような設置の仕方を避けるためにル…

のぼりに関する規制の内容

宣伝のためにのぼりを設置しているお店は多いものですが、実はそこには一定の規制があり、設置できる場合とできない場合があるのです。まず設置できる場合ですが、これは、のぼりの設置場所が完全に自分の敷地内…

街の景観とのぼりについて(代表的な事例など)

自治体の決まりに沿うのぼりを立てること

店舗ののぼりを立てる場合、街の景観や条例を理解して立てなければなりません。地域によってあまり派手なのぼりを立てることは避けるべきとされています。 たとえば昔ながらの街並みを大切にする観光スポットが多い地域では、派手な看板やのぼりも規制対象です。他の地域では赤や黄色を使った派手な看板やのぼりを使っている地域であっても、その地域限定で白黒や茶色にしていることは多々あります。そのため、昔ながらの街並みとマッチしており、周囲の景観を害さないようにしているところが特徴です。その街専用ののぼりとして、市販品でも派手な装飾を抑え、街の雰囲気を壊さないように作られたのぼりを提供しているところが少なくありません。結果としてシックな宣伝が可能となり、周囲の雰囲気に溶け込みながら広告活動を行えるようになっています。

自治体ごとの決まりを守ること

屋外広告物条例を確認し、条例に沿う形でのぼり旗を掲げることが、宣伝に役立つといわれています。のぼりは使い方によって大変目立つ物となっているため、景観を大切にする地域では掲げることが禁止されている場合もあるため、注意してください。 ただし、基本的に店舗の敷地内であれば、特に大きな規制をしていないところが多いといいます。 また、美観の面から規制はなくてもある程度の配慮が必要となる地域もあるため、事前に自治体に相談することが大切です。赤や黄色などは遠慮したほうがいい地域であっても、シックな白・茶色・黒であれば問題ないとしているところが多いため、地域ごとに配慮されている部分を理解して掲げてください。単純なのぼりであっても、配色や美観を考えて宣伝活動を行うことで、新たな魅力を感じさせてくれます。