のぼりに関する規制の内容

のぼりは設置できる場合とできない場合がある

宣伝のためにのぼりを設置しているお店は多いものですが、実はそこには一定の規制があり、設置できる場合とできない場合があるのです。 まず設置できる場合ですが、これは、のぼりの設置場所が完全に自分の敷地内の場合です。ビルの屋上、一軒家のお店におけるその建物周辺、そして敷地内の駐車場などには、何の規制もなくのぼりを設置することができます。ただし、敷地内のことなので法的規制はありませんが、お客さんが歩く場所や車を止める場所に設置するのは評判を落とす行為なので、もちろんやめた方がよいでしょう。 そして、他にのぼりの設置場所として考えられるのは道路(歩道も道路の一部です)ですが、実はこれは、基本的に禁止なのです。

のぼり設置許可と「不当競争防止法」

道路は基本的に、人や車が通るために作られている設備です。ですから、許可なく何かを設置したり、通行妨害となる行為をしたりすることは、道路交通法で禁止されています。しかしながら、その道路を管轄する警察署に許可申請をすることで、のぼりを設置することが可能となります。実際に申請する場合は、各警察署の「交通規制係」に相談してください。いくつかの書類と申請料を提出することで、使用許可が下ります。ただし使用許可が下りた場合でも 、通行人の妨害をする場所、車の運転手の視界を遮る場所、消火栓・信号機・路上信号制御機・道路標識の前など、例外的に設置が禁止されている場所もあるので、その点も確認してください。

なお、「日本一」「どんな病気も治る」などの客観性に乏しい文句をのぼりに印刷すると、「不当競争防止法」などの法律によって使用を制限される場合もあります。そのような誇大広告をしないことにも、気をつけて下さい。