のぼりの種類(色と蛍光性など)

のぼりは目立つことが重要

店舗や事務所をアピールする方法として、のぼりを活用することが挙げられています。のぼりには、文字のほかに写真やイラストを印刷することができるからです。もしも商品やサービスを大々的に宣伝したいなら、のぼりについて工夫することが大事です。まずは、遠くから見ても目立つようなのぼりにしましょう。一目で商品やサービスが分かるくらいに、インパクトが強いのぼりにすることが大切です。そのためにも、のぼりのサイズやデザインについて十分に配慮しましょう。最も重要なことは、のぼりの色を慎重に選ぶことです。人目に付きやすい色ならば、宣伝効果が高くなります。さらに、蛍光色はPR効果が高いので、のぼりに使用する色として適しています。

のぼりの配色に気をつけよう

のぼりを作成する場合には、配色について考慮することが大切です。赤やオレンジ、黄色はとても目立つ色ですから、のぼりの配色として用いられることが多いです。また、色の組み合わせにも気をつけましょう。のぼりの生地を山吹色やレモン色などの黄色系にしたなら、店舗や事務所の名前を黒で印刷すれば効果的です。なぜなら、黄色と黒は、互いに強調し合える配色だからです。ほかに、濃紺と白、赤と緑なども、対照的な組み合わせとして知られています。さらに、蛍光色をのぼりのデザインに使用すれば、宣伝の効果が高まります。蛍光色は発光するために、辺りが薄暗くなっても見えやすいという特徴があります。のぼりにライトを当てれば、よりいっそう目立つようになります。