のぼりの種類(防炎処理などの加工や安全性について)

防炎のぼりってどんなもの?

防炎のぼりは防炎処理された素材で作られたのぼりです。一般の素材に比べて燃えにくく、万が一、燃えた場合でも火が燃え広がらずに自然と消えるようになっています。普通ののぼりは燃えたときは炎が上がり、火がついた生地が落ちてしまい火事の原因になるおそれがあります。防炎のぼりはこうした心配がありません。

ホテルや映画館、デパート、カラオケ店など不特定多数の人が行き来する場所では防炎のぼりを使うように、消防法で決められています。屋内のイベントでは、のぼりは防炎加工されたものと決められていることもあります。防炎のぼりが義務付けられていない場合でも、ガソリンスタンドや建物の中など火災のリスクが比較的高い場所でしたら、防炎のぼりを使った方が安心ですね。

安心して使える防炎のぼりってどんなもの?

防炎のぼりを注文するときのチェックポイントは、日本防炎協会の認可を受けているかどうかです。日本防炎協会は、防炎・防災のために市販品や素材の防炎について検査を行っています。日本防炎協会の防炎試験に合格した企業が作ったのぼりなら、安心して使えます。

日本防炎協会に認定されていれば、防炎のぼりには認定シールが貼られます。これが、安心して使える防炎のぼりであるという証明です。認定シールが貼られた防炎のぼりを納品してくれる業者で発注するようにしましょう。

ホームセンターなどでは、布製品に防炎加工できるスプレーなどが売られています。手軽ですし、防炎のぼりを発注するよりコストは抑えられますが、安全面を考えれば、ちゃんと防炎協会の認可を受けているものが無難です。